RPA導入、DX推進、サイバーセキュリティ構築なら大阪の株式会社副社長

【FCEプロンプトゲート】を使ってブログを生成AIに書いてもらった話

こんにちは~!

梅雨の時期になりましたね~。雨が続いてジメジメしていると、やっぱり冷たいアイスが恋しくなりますよね。

さて、皆さんは最近、生成AIについて耳にしたことがありますか?

今日は、「FCEプロンプトゲートを使ってブログを生成AIに書いてもらった」というテーマで、

生成AIの魅力とその活用方法についてお話ししたいと思います。

 

 

生成AIとは

まず、生成AIとは何かというと、文字通り「生成」するAIのことです。

例えば、文章を書いたり、画像を作成したり、音楽を作曲したりと、人間がクリエイティブに行う作業をサポートしてくれます。

ChatGPTのようなモデルもその一例ですね。

 

生成AIの強み

生成AIの強みは、そのクリエイティブな能力です。

例えば、ブログ記事を書いたり、広告のキャッチコピーを考えたり、顧客へのメールを自動生成したりすることができます。

これにより、クリエイティブな作業に費やす時間を大幅に削減できます。

さらに、生成AIはデータから学び、自動的に改善していくので、使えば使うほど精度が向上します。

特に、マーケティングやコンテンツ制作の分野での活用が進んでいます。

 

生成AIの活用方法

では、生成AIをどのように活用すればよいのでしょうか?

 

ブログ記事の作成

生成AIは、ブログ記事の作成に大いに役立ちます。

例えば、FCEプロンプトゲートを使用して、必要なキーワードやテーマを入力するだけで、あっという間に記事が生成されます。

忙しいビジネスマンやマーケティング担当者にとって、時間を節約しながら高品質なコンテンツを作成する手助けとなります。

 

ソーシャルメディアの投稿

生成AIは、ソーシャルメディアの投稿内容を自動生成することも得意です。

例えば、週末のイベント告知や、新商品の紹介など、毎日の投稿を手軽に作成できます。

これにより、SNS担当者の負担が軽減され、より戦略的なマーケティング活動に集中できます。

 

顧客対応

生成AIは、顧客からの問い合わせに対する返信を自動化することもできます。

例えば、よくある質問に対する回答を生成AIに任せることで、カスタマーサポートの効率が向上します。

顧客対応にかかる時間を削減し、スタッフがより複雑な問題に専念できるようになります。

 

マーケティング資料の作成

マーケティング資料やプレゼンテーションの作成にも生成AIは大いに役立ちます。

例えば、新製品の提案書や市場分析レポートなど、データをもとにした資料を短時間で作成できます。

これにより、マーケティングチームの生産性が向上し、より多くのプロジェクトに取り組むことができます。

 

まとめ

生成AIは、そのクリエイティブな能力を活かして、中小企業にとって非常に有益なツールとなります。

ブログ記事やソーシャルメディアの投稿、顧客対応、マーケティング資料の作成など、さまざまな場面で活用することで、業務の効率化と品質向上が期待できます。

皆さんも、この機会にぜひ生成AIの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

新しいツールを活用することで、より効率的で効果的なビジネス運営が実現できるはずです。

「使ってみたいけど、山本さんはどんな風にしてるの?」など何かあればどしどしご連絡くださいね!

お問い合わせはこちら

それでは、また~☆

 

っていうのをですね!

ChatGPTちゃんに書いてもらったのですが~、

これまで自力でプロンプトを書いてChatGPTちゃんに投げてまして、

その時はけっこうリライトしないといけない部分が多かったんですよ。

「フランクな文体で」とか書いてても「皆さん、おはようございます。」て始まったり。

 

それがですね、タイトルにもあります【FCEプロンプトゲート】でまずブログ用のテンプレートを作って

それに書きたいブログのタイトルと希望の文体と文字数を入れてプロンプトを生成して

ChatGPTに投げたところ、もうほぼ私!私が書いてる!!みたいな上記のブログが生成されたんです(*’▽’)

梅雨でジメジメして冷たいアイスが食べたくなるってとこは若干私とは違うんですが、

あえてそのままにしてあります。笑

 

 

何が良いって、次にブログを書くっていうかChatGPTちゃんに書いてもらう時も、

このFCEプロンプトゲートのテンプレートに「ブログタイトルのキーワード」と希望の文字数を

入れただけで私が書いたみたいなブログがものの20秒くらいで生成されるってとこなんです!

 

この【FCEプロンプトゲート】はブログだけじゃなくて色んなことにも使えまして

自分で作らなくても汎用性のあるテンプレートが既に色々用意されてるので

いきなりプロンプトエンジニアになれちゃうようなものなんです!

 

長くなったので、FCEプロンプトゲートについては次のブログで詳しく書きますねー。

そのブログは自分で書きます(‘ω’)ノ

 

それでは、また~☆

ライター紹介

副社長
(株)副社長の広報担当、山本です! 業務に関わる情報や時事問題に関する情報など、まさに副社長として経営者の方に関連するたくさんの情報を発信していきます。